ハロプロ一パワフルなアイドル「アンジュルム」を紹介します

わたしの大好きなアンジュルムを超主観でメンバー紹介します!

ぜひご新規様に読んでほしい!もう既にヲタクだよって人にも怖いけど(?)読んでほしい!

(この記事は2018.07.24にupdated(リライト)しました)

「アンジュルム」とは猛獣たちの集まりであるがアイドルである

ハロー!プロジェクトに所属するパワフルなアイドル軍団の名。以前は「スマイレージ」という名前だった。この名前を出すとああ~と思い出されることも少なくない。上下関係がイイ意味で緩く、差し入れのイチゴ争奪戦じゃんけんをしたり、歌っている最中に人のスタンドマイクの高さをめっちゃ高くしたり低くしたりして競ったり冬になれば雪合戦をするようなグループです。

パフォーマンスはタイトル通りめっちゃ「パワフル」で、歌声・ダンス・曲そのものがかなり力強く、攻撃的。ライブでのセトリが攻撃的でオタはいつも力を振り絞ってついていくことになる。前身の「スマイレージ」時代のカワイイ曲をカワイくアイドルらしく歌い上げることもするよ!リーダー曰くアンジュルムは「動物園」。まあまさにその通りである。

こちらは最近(2018.5.28)の武道館公演の映像。

アンジュルム メンバー紹介

 

和田 彩花(わだ あやか)

f:id:irh168:20170422000459j:plain

  • あだ名はあやちょ(DAWA)
  • メンバーカラーは
  • 現在唯一在籍している初期メンバー
  • 1994年生まれの24才/大学院生(美術系)

 絶対的な美貌と圧倒的なプロポーションにすべてのオタクがひれ伏すような神々しさを持つ仏像さんLOVEな仏系女子。いつの時代のMVを見ても変わらない美しさが特徴。しかし自分の美しさにはさほど興味がないらしく、プライベートではヘアメイクも服装もかなり無頓着で、私服が「巣鴨のおばあちゃんすぎる」とメンバーとオタをざわつかせたことがある。

 端正な容姿からは想像できないくらい声がめちゃくちゃカワイイ。なのに歌うと結構声量があり、響く低音の歌声も披露する。でもやっぱりカワイイ曲をカワイイ声で歌っている瞬間が至高だと思う。スマイレージ後期などの歌の妙な艶のせいもあると思うのだけれど、やたらと女の情念がこもってそうな歌声もまた聴き応えがある。ちなみに本人も少々根に持つタイプ*1である。

 美術が好きで、その方面の大学に通っている。ライブのMCでもよく美術話をぶっ込んで、メンバーやオタクに(いつもの始まった……)という顔をさせている。自分の好きな話になると熱暴走を起こすタイプなので、軽い気持ちで美術話を振るのは厳禁*2との噂(妄想です)。

あやちょとぁまのじゃく

スマイレージのインディースデビューシングル。あやちょの思い入れも深い、素直になれない女の子のセンチメンタルな曲。

 

中西 香菜(なかにし かな)

f:id:irh168:20170422003410j:plain

  • あだ名はかななん
  • メンバーカラーは薄ピンク
  • 完全素人出身の2期メンバー
  • 1997年生まれの21才/サブリーダーのひとり

 色白でつぶらな瞳、整いに整った丁度いいスタイル、そしてそこはかとなくかもし出す色気で数多のオタクの心を打ち抜く。温和で控えめに見えそうなかななんだが、大阪府出身ということもあって自ずからボケ倒してくる。そしてかなりの頻度でゴリラのモノマネをしている気がする。へこたれない前へ前へ精神の持ち主。

 そんな彼女、恐らくアンジュルムで一番家庭的で、料理好き。将来嫁に欲しいメンバー歴代一位。かなりの努力家で、加入当初はへなちょこなダンスと棒読み歌唱だったが、ミュージカルなどの活動を通して現在ではかなり成長した。慎ましやかな外見からは想像のできないアルトボイスがヲタクにめちゃくちゃ刺さる。特にミュージカル・LILIUMでの男装は必見。

 優しさ十割な性格と気丈な一面を持ち合わせている。メンバーがボロボロ泣いている場面で絶対に泣かないと決意し、頑張って涙を堪えたりもする。健気な女の子。

かななんと臥薪嘗胆

二番ソロの「ありえないくらいにデカくなって」がかななんの成長と重なって涙する。

 

竹内 朱莉(たけうち あかり)

f:id:irh168:20170422004759j:plain

  • あだ名はタケちゃん
  • メンバーカラーは
  • 2期メンバーでサブリーダーのひとり
  • 1997年生まれの21才/大学生(書道系)

 左右対称の顔立ちに厚ぼったい唇、ちょっとむっちりめのボディが魅力的。声は天使のようにカワイくてめっちゃ高いキーでも苦しい顔ひとつせずスコーンと出してみせるアンジュルムスキルの要。カッコいいダンスも見どころ。安定感が具現化したようなもの。つまりメッチャ強い(ひいきじゃない)。

 先輩後輩関わらずメンバーからよくおもちゃにされる。どれだけいじられてもキレないタケちゃんの器の大きさに感服しまくりである。それだけイイ先輩なのである。ボーイッシュ担当だが、名ばかりではなく中身は本当に爽やかイケメン竹内くんが存在している。ケチキャラで有名だが、和田彩花・福田花音の5周年の記念に揃いのピンキーリングをプレゼントしたり、後輩メンバーの相川茉穂が泣いて目を腫らしていた時に「これで冷やしな」と缶ジュースを買ったりなど、他人への出費は決して惜しまないイイケチ具合。

 泣き言や弱音を言うことはほとんどなく、あっけらかんとしている。メンタルはたぶん鋼でできている。自分のことを語ることは意外にも少ない。にゃははとよく笑う。相槌がとてもカワイイ。とにかくカワイイ。

タケちゃんと好きよ、純情反抗期。

最後の「好きよ好きよ全部大好きよ」を持っていくのがおいしい。

 

勝田 里奈(かつた りな)

f:id:irh168:20170422011419j:plain

  • あだ名はりなぷー
  • メンバーカラーはオレンジ
  • 2期メンバー
  • 1998年生まれの20才/大学生(服飾系)

 ふわ~っとゆる~く生きているように見えるりなぷーだが、実は結構熱いハートの持ち主である。ステージでは涼しげなお顔でダンスも歌もこなしてみせる彼女。本当にさら~っとこなしてみせる。あやちょにひけをとらないぐらいに脚が長く、スラッとした体型なのでさらに見栄えもイイ。

 MCでは恥ずかしいのかあんまり熱いことは言わない。だがブログでは色んなことに対して熱いことを言ったりする。同期メンバーの卒業や、自身の高校卒業が近づいた際のブログは彼女に対する見方が変わる人もたくさんいるであろう言葉がたくさん綴られています。よく後輩も猫可愛がりしているので潜在的にはいい人ですがファンには相当のドエス(そこがいい)。

 オシャレが大好きで、化粧品や持ち物に結構なこだわりがある。しかしなかなかに個性的。個性的未来的すぎてババアオタクにはついていけないことも多々。案外バーゲンやセールが好きなようである。安く買えた物を嬉々と報告する辺り、庶民的な感覚も持ち合わせているのがカワイくて個人的にはツボです。

りなぷーと嗚呼 すすきの

最後の「愛しているから」に落ちない人いる?

 

室田 瑞希(むろた みずき)

f:id:irh168:20170528181631j:plain

  • あだ名はむろたん
  • メンバーカラーは水色
  • 3期メンバー
  • 1998年生まれの20才

 色黒ギャルい。肌を露出したファッションが大好きである。それなのにこれ以上日に焼けるのは嫌らしい。むろたんと言えば露出、露出と言えばむろたん。というぐらいに露出はむろたんの代名詞である。最近のハロプロでは珍しいギャル系なのでこのまま己の道を突き進んでほしいと思う所存です。

 健康的でハツラツとした外見同様、中身も本当にそのまんま。元気で明るくて見てるこちらも笑顔になる。突発的に変な踊りを披露する。つい最近その変なダンスが原因で台湾で話題になった。チャラそうに見えるが、根はまじめでまともな性格の人間だと思われる。メンバー全員で海に行くことになった時、旅のしおりや持ち物リストを作るような有能っぷりも見せている。

 ステージ上のダンスは言ってしまえばしっかりエロい。また、カメラに抜かれた時の顔芸が絶妙な塩梅、流石むろたんと言わしめるほどのごっつええ表情を放り込んでくる。歌は3期メンバーの中では要所を任されることが多く、まだまだ伸びしろアリ。

むろたんと上手く言えない

むろたんがわりとドセンにいる。むろたん以上にこの曲が似合う女を知らない。

 

佐々木 莉佳子(ささき りかこ)

f:id:irh168:20170422023026j:plain

  • あだ名はリカコ
  • メンバーカラーは黄色
  • 3期メンバー
  • 2001年生まれの高校生17才

 大人顔、スタイル抜群の現役セブンティーンモデル。中身はお子ちゃまで感情のままによく泣く。武道館公演では今のところ全部泣いている。ちなみに同期の凱旋公演でも泣く。ハスキーな声、整った顔立ちとのギャップがあり、メンバーやオタクを朗らかな気持ちにさせている。喋り方は舌っ足らずでほとんど赤ちゃん。

 パワフルでダイナミックなダンスが売り。大体いつも全力。ハスキーで甘い歌声はカワイくて味がある。間奏のダンスシーンなどではセンターを務めることが多く、リカコがそこに存在しているだけで花がある。見栄えが派手になる。なのに普段は挙動がおかしい。指がよく動く、パフォーマンスとは違った意味での顔芸が凄まじく、表情豊かで見ていて本当に楽しい。

 4期の上國料萌衣が加入するまではグループの末っ子だったが、後輩ができてからはしっかりとした?一面も増えてきました。加入当初はちょっと同期メンバーに冷たくされて泣いてしまったり、ミスを指摘されて喧嘩しちゃったりしていましたが、最近はみるみる大人になっている模様。

 アンジュルムの菅田将暉だと思っている。

リカコと大器晩成

デビューシングルでキラキラ笑顔で大器晩成ジャンプ決めるリカコの衝撃は強い。

 

上國料 萌衣(かみこくりょう もえ)

f:id:irh168:20170422024002j:plain

  • あだ名はかみこ
  • メンバーカラーはアクアブルー
  • 単独4期メンバー
  • 1999年生まれの18才

 鳴り物入りでひとり加入し、最初はアンジュルムの中にひとり加入で大丈夫か……?と不安視されていましたが、驚きのコミュニケーション力の高さ(神コミュ料)でメンバーをあっという間に攻略し、すぐにアンジュルムの中に溶け込んだ。

 透き通るような声、九州出身らしい目鼻立ちのハッキリした顔、アンジュルムには珍しいミニマムサイズでカワイらしい。口べた過ぎてMCでよくワタワタしている。突拍子もなく話が終了したりもする。日本人のはずなのになぜかもの凄くカタコト喋りになる。ライブのMCで熊本弁喋って!と言われた時もよく分からないギャルみたいな喋り方になってしまい、メンバーとオタクを困惑させた。

 素質が充分に備わっており、そのクリスタルボイスであっという間にオタクの心を盗んでいった。いつもはにかんでいるのも魅力的。汗っかきなのもカワイイ。失敗してもかみこの笑顔を見てるとまあいいやという気持ちになる。デビューシングルではあまりの才能っぷりにオタクたちの度肝を抜いた。期待大。

かみこと糸島Distance

初めて聴いた時の透き通った「天神の灯りが浮かび始める頃」には度肝抜かれた。

 

笠原 桃奈(かさはら ももな)

f:id:irh168:20170422025459j:plain

  • あだ名はかっさー
  • メンバーカラーはホットピンク
  • 単独5期メンバー
  • 2003年生まれの中学生14才(最年少)

 この間まで小学生だったとは思えないビジュアルで加入してきた恐るべき新人。かなりのスピード出世だった*3。大人びたビジュアルとは裏腹にその中身はかなり子どもっぽいことが加入から時間が経つにつれ判明した。加入当初はまだ子どもケータイだったんだぜ、驚きだろ。

 謎の写真をブログに投稿してみたり、階段を急に駆け上がってみたり、まだまだ寒い東北に上着なしで行ったりなど、子供らしい奇行が目立つ。ただの大型犬。見ていて実に面白く、こちらの予想だにしない行動ばかりとる。疲れた大人に癒し効果抜群!

 一方で知性的な部分もあり、公式サイトに掲載されている座右の銘は「日の光を借りて照る大いなる月たらんよりは、自ら光を放つ小さな灯火たれ。」という森鴎外の言葉を引用している他、戦国武将が好きらしく、好きな偉人を聞かれた時にしっかりとした理由をつけて回答しているなど地頭が良さそうな印象もある。

 グループ最年少ということもあり、周りにいるお姉ちゃんたちの真似っ子(メイク、服など)をしているところがものすごくかわいい背伸び少女。

かっさーと魔女っ子メグちゃん

当時13才、驚きの大人っぽさ。

 

船木 結(ふなき むすぶ)

f:id:irh168:20171211221022j:plain

  • あだ名はふなっき
  • メンバーカラーは黄緑
  • カントリー・ガールズと兼任/6期
  • 2002年生まれの高校生16才

 まず第一にお伝えしたいのは、ふなっきはカントリー・ガールズの一員であるということ。兼任という形でアンジュルムに加入した彼女は、人見知りでありながらも今やライブツアーを通してコテコテの大阪人のビートをきかせた台本MCを披露する(そして台本であることをメンバーにバラされるところまでセット)ももちイズムを受け継ぐひとりである。

 小柄でハムスターのような愛らしい容姿からはとても想像できぬようなパワフルかつハスキーな歌声が持ち味で、歌唱力にもかなり定評があり、研修生当時からかなり有望視されていた。現在もそのパワーをいかんなく発揮し、アンジュルムに新しい風を吹かす。

 パフォーマンス以外でもとにかく(いい意味で)顔がうるさい。とくに驚き顔が面白い。見ていて飽きない愛らしさがあり、なんかもうアイドルとして花丸つけたくなる。そんな表情の良さ、トークの巧みさからか、同じくカントリー・ガールズ兼Juice=Juiceの梁川奈々美とテストの花道の準レギュラー、2017年の秋からおはガールもつとめており、ハロプロにおいて最も忙しい中学生なのではと囁かれている。

 また、夏には物議を醸す作となったファースト写真集「結 MUSUBU」が発売され、何かと好調なふなちゃん。ビッグな女になると信じている。

ふなっきとキソクタダシクウツクシク

MV中でしっかり演技しているふなっきに考えさせられた。

 

川村 文乃(かわむら あやの)

f:id:irh168:20171211223548j:plain

  • あだ名はかわむー
  • メンバーカラーはライトパープル
  • 6期メンバー
  • 1999年生まれの19才

 かわむーに思う一言は、こんなにピュアな苦労人がいただろうか。というものである。実は2009年にCDデビューし、長らく活動していたロコドル*4であり、芸歴だけで言ってしまえばリーダーのあやちょとそう変わらないのが驚きである。紆余曲折あり、ハロプロに所属することになり、動物園と例えられたアンジュルムに所属することになったかわむーの、ステージ上での純白キラキラ感はものすごい。

 歌声がとにかくカワイイ高音全振りボイス。えっ、かわいい、えっ、とりこになってしまう……とオタクを沈没させた。なのにスタイルはアンジュルムの先輩たちに引けを取らないレベルでいい。脚が長い(アンジュルムではもはや定例の褒め言葉)。そして色白。

 手書きの印刷物はめちゃくちゃ凝り性で、風林火山の時はものすごい大作を描いていた。絵心があって丁寧。そしてアンジュルムの広報担当。とにかく細やかでありがたい存在。

 まだまだ大人しく、お上品で一生懸命という印象が強いかわむーですが(だけどカツオは捌けるダイナミック土佐人)、メンバーには地を出していっているらしく、変人っぷりを垣間見れるようになるのが楽しみです。

かわむーと君だけじゃないさ…friends

こんな声がアンジュルムに欲しかったんだ!と感動した。

まとめ

写真は私個人的にめっちゃイイ映りしてると思ったものを、曲はメンバーの魅力が詰まった曲をチョイスしました。

アンジュルムが大好きです。メンバーひとりひとりもイイんですけど、全員集合するともっとイイ。もっと楽しい。

アンジュルム・スマイレージは曲もイイので、興味のある方はぜひ、You Tubeの公式チャンネルでもチェックしてみてください!

www.youtube.com

Scroll Up